つづく 

2020年7月3日〜11月8日まで、兵庫県立美術館で開催中のmina perhone つづく展を見てきました。

mina perhonen (ミナ ペルホネン)は1995年に皆川明さんが立ち上げたブランドです。生地のデザインから作る事が特徴で、時代に流されず、長く愛されるものをつくるブランドです。皆川さん自身も『せめて100年続くブランド』を目指してはじめられたそうです。

NHKの日曜美術館で特集されていた時、『自分がやりたいことは自分の人生だけじゃ足りないと思った』と話されてたことが印象的でした。

mina perhonen (ミナ ペルホネン)つづく展については公式HPのMOVIEページにて皆川さんからのメッセージやギャラリートークで詳しくお話されています。https://mina-tsuzuku.jp/movie/

ミナ ペルホネンは私がテキスタイルの仕事を目指すきっかけでもあり、10代からあこがれのブランドでした。
初期のデザインはミナに夢中になっていた当時の自分を思い出します。

私がミナと出会ったのは私が10代後半〜20代の頃。雑誌の表紙で市川実日子さんが着ていたtambourine(タンバリン)や、セレクトショップで見た、forest parade(フォレストパレード)のワンピースでした。なんて手の込んだ服だろう、そして服にそのまま絵を描いたようなものもあり、その自由な発想やテキスタイルの表現のバリエーションに魅了されました。

注目して見ているうちにトリバッグやエッグバッグなど、どんどん乙女心をくすぐるアイテムが発表され、京都に直営店ができた時は、道に迷いながらドキドキワクワクしながら扉を開けたことを覚えています。

当時ミナの商品を見ているうちに、いつかこんな仕事をしてみたい、自分が描いたものが服になったり、バッグになって、使ってくれる人がいて、ちょっとでも楽しい気分になったら、こんな素敵な仕事はない、と思うようになりました。何よりもワンシーズンで終わるものではなく、長く使えるものを作る、またそれを作り続けるという理念が心に強く残りました。

ここからはつづく展で私が感動したポイントを紹介していきます。

mina perhonenのここがすごい!
①作り手の熱量がすごい
ミナのテキスタイルが作られるプロセスにとても興味がありました。
『芽』のフロアではミナのテキスタイルの原画が展示されています。これがすごく興味深かった!ミナの図案はすべて手書き、またはちぎり絵など、手作業で作られています。特に感動したものをいくつかご紹介します。

“surplus” 切り絵で残ったものを散りばめたような図案
本当に紙を切って散りばめて作ってる!
リピートのサイズやプリント柄にする時の注意点等細かく書き記されています。

テキスタイルの図案は、図案だけで完成するものではなく、生地になり、製品になった時のことをイメージして図案をつくります。

ミナは手書きのタッチを大事にしていますが、それをそのまま生地に表現することは、本当に大変なことです。通常は細かいディティールや複雑な仕様は量産していく上で効率が悪く生産性が劣ることから、工場からデザインの変更を求められることも少なくないです。

そういった中で、生産性を重視するのではなく、自分たちの思い描いた世界を表現するために現場の方に伝えようとする熱量がすごい!特に図案の欄外の手書きの部分に強い意志を感じます。
またそれに応えるように、表現の難しい事にチャレンジしている工場がすごい!工場の職人さんがミナの生地を作っている映像が紹介されていて、ハンドプリントで丁寧にプリントしてたり、ゆっくり針を刺す刺繍機など、すごく時間と手間がかかっている!

ミナは協力工場を公表しており、工場や職人さんを尊敬しながら一緒にものづくりに取り組んでいる様子がよくわかります。

だからこそ、最初の図案の手書きのタッチや感情や温度まで伝えられる、心ときめく商品が出来上がるんですね。

手書きの細かい指示書
プリントの指示書。口頭でも説明して、さらに指示書でもしっかり書き込まれています。

mina perhonenのここがすごい!
②テキスタイルの可能性
ミナはテキスタイルにいろいろな仕掛け(新しい可能性)を組み込んでいます。布でこんなことできるの?という驚きと発見とわくわくがあります。

サークル部分をカットするとちょうちょが現れる《kakurenbo》
毎年一箇所づつ切れば、毎年新しい洋服に
自分で洋服の表情を変えて、自分だけのオリジナルの洋服にできる。

mina perhonen dop というインテリア商材向けの生地を展開しています。
この生地は使い込んで擦り切れたところに新しい色が出てくるという仕掛けがある生地。長く使うことで経年変化を楽しみながら使うことができます。

yuki no hi というコートにもこの手法が使われており、グレー地のコートの裾や袖口が擦り切れてくるとイエローが見えてくる。

生地は消耗品だから擦り切れたら買い換えるものという考え方ではなく、最初から長く使うことを想定して擦り切れても楽しめるようにデザインされていて、ミナの使う人に対する優しさや思いやりみたいなものを感じます。

作って売って終わり、じゃないところが魅力的。

mina perhonenのここがすごい!
③皆川さんはデザイナーというよりもはやアーティスト
展示では皆川さん個人の活動も紹介されています。
朝日新聞のコラムや小説の挿画や絵本の原画も展示されていました。

私はデザインとアートの境目って何だろうとよく思います。
学生の頃に美術の先生が、『目に見えるものを描くのがデザイン、目に見えないもの(人の感情や匂いや温度など)を表現するのがアート』と教わりました。

それに従えば、皆川さんの個人の活動はどう見てもアーティスト。
ミナでの活動も、風を感じるような花柄<window flower>や雪がしんしんとふる静かな夜の気配まで感じるような<yuki no hi>の柄は、もはや着る芸術品のよう。
叙情性のあるデザインだからこそ、こんなにも心惹かれます。

会場の壁にある皆川さんの言葉にその世界観の種があるように感じました。

皆川さんは、ものが作り手から使い手に渡って、そこに生活や日常がある。
それもひとつのつづくということだと語っています。

つづく展の『風』というフロアでは、ミナの服を着ている人々の日常を映像で見せています。

また『土』というフロアでは、ミナを着ているお客様の洋服とそれにまつわる思い出を見る事ができます。
ミナの服にその時あった物語や感情を重ねて展示しており、ミナの洋服は時に活力を与えてくれたり、前向きに生きるためのきっかけになったりしていました。

このブースがすごく良くて皆様の思い出を読みながらちょっと泣きそうになりました。(暗く静かなブースなので、写真取れませんでした)

長く愛されるものを作って、使う人の日常や感情が重なり思い出になったり、毎日を生きる活力になったり、そうやって続いていくこと循環していくことが『つづく』ということ。
なるほど!きっとみんな知らず知らずのうちにそういった循環の中で生きてるのかもしれません。

会場にはこんな素敵な仕掛けも

テキスタイルやデザインには、使う人を楽しませたり、ワクワクさせたり、驚かせたり、人生の転機に背中を押したり、まだまだいろんな可能性がある事を再発見しました。自分にも、今からでも、ほんのちょっとでも、できる事があるかもしれない。自分がやる事も、誰かにつづいていく事があるかもしれない。そんな期待を持ちながら、前向きに自分の制作を続けていこうと改めて強く思いました。ミナに憧れた数年前の私のキラキラした気持ちを思い出しました。

布博から見えてきたもの

先日、京都国際会館で行われていた 紙博・布博 2019 に行ってきました!

布博とは手紙舎主催のイベントで布ものにまつわる作家さんの展示即売会です。作家本人がブースに立つことが多く、商品の詳しい説明やどのように作っているのかを聞きながら買うことができます。布フェチにはたまらないですね。

はじめに今までの布博のことをご紹介しておきます。

布博が初めて京都で開催されたのは2014年、廃校になった小学校を使っての開催でした。会場前に現地に着いたのにものすごい長蛇の列でなかなか会場に入れなかったのを覚えています。会場が廃校になった小学校ということもあり、レトロで手作りな感じの雰囲気が素敵でした。

その反面、教室ごとに作家の展示があり、教室をぐるぐる回ってみなければならずどこに何があるかもわかりにくかったです。お客さんの数が多すぎでレジの対応が追いつかず、ちょっと靴下ひとつ買うにも長時間ならばなければいけませんでした。

2015年からは会場をみやこめっせに移して、だいぶ見やすくわかりやすい展示になりました。年々お客さんは増加しているようで、布博の中のサブイベントの靴下パーラーやブローチ博には整理券をもらって時間制限されてやっと入場できるような競争率の高いイベントになっていきました。

それだけ人をひきつけるような魅力のある商品を展開している作家さんがたくさんいました。

毎年ときめきながら、ワクワクしながら、まさに『恋をするように』商品を手にとって眺めて、ため息をついては購入していました。そんないつまでも少女のような気持ちを持った方々が増え年々ヒートアップしているようでした。

そして今年2019年は紙博と布博同時開催になり、会場もみやこめっせから国際会館になりました。会場は大きくなりましたが、内容は紙博もあり、靴下パーラーやブローチ博もあり、ライブステージやワークショップもあり、と盛りだくさん!必然的に布博の作家さんの出店数は少なくなっていました。(すごい残念!)

私は最終日の午後2時半にやっと会場入りして閉場4時までの1時間半駆け足で主に布博・ブローチ博を見て回りました。

ここからやっと今回の感想です。

毎年新しい作家さんが出店していて、布を作っている作家さんはどんどん増えていっているような印象です。布博という”市場”があるからこそ始めた人もいるのかもしれません。

今回の私の注目作家さん一人目は

YURIHIMURO さん http://www.h-m-r.net/  

2重織りのジャガード織物で縦糸のみ出ている部分をハサミで切ると別の模様が現れる!というとんでもなく斬新な生地を作っておられます。すっごい高度な技術を使ってしかできない、とんでもなく面白い発想をカタチにしておられます。

YURIHIMUROさんのことは前々からネットでは知ってましたが今回商品を見るのは初めて。とにかく見ていて楽しくて、生地を切って自分だけのものを作ってみたいと思わせる商品です。トリッキーでテキスタイルでこんなことできるのか!と打ちのめされたような、気持ち良く裏切られたような、そんな気持ちになりました。

YURIHIMURO さんの商品

もう二人目の注目作家さんは yatra(ヤトラ)さんhttps://www.instagram.com/yatra_noritakeapparel/

インドでブロックプリントで生地を作っておられます。洋服を作るのがメインのようです。ちょっとエスニックなテイストもありながら、ユーモラスな魚介類のデザインもあったり、図案のデザインが前に出てきてる訳ではないですが、生地から匂い立つ雰囲気がなんともエキゾチックで素敵です。

ってか、いやいやそんな簡単にインドでブロックプリントとかできないでしょ!!

ブロックプリントとは、インドの職人さんが一つ一つハンコのようにプリントして模様を作っていくんですが、遠い異文化での工場で意図したものをつくる事は本当に難しいことだと思いますが、なぜできちゃうんでしょうか?きっといろいろ大変な事があっただろうと勝手に思っておきます。

yatraさんの商品 この魚介類なんか惹かれる

最後に三人目八重樫茂子さん  

https://www.instagram.com/yaegashisgk/?hl=ja

手織りで生地やストールを作ってらっしゃる作家さんです。散々プリントをやってきてもやっぱり織物が気になります。八重樫さんの作品は気をてらったところがなく、素直に使いやすくかわいい織物でした。

『工房を持ってらっしゃるんですか?』とお尋ねしたら、『工房というか、まあ自宅の1室6畳くらいの部屋でやってます』って!!!え!機織りって6畳でできるもの?まあ。そうか手機ならそうかも。。。と思って商品を眺めていたら、隣にきたお客さんが

『これは綜絖は?4枚くらいでやってるの?』って聞いてました!

綜絖(そうこう)ってわかります?機の部品で縦糸を通す道具です。この枚数が多いほど複雑な柄が織れます。

八重樫さんは『はい、そうです。4枚でやってます。京都の方は織物に詳しい方が多いから、いきなり綜絖は?とか聞かれるとちょっとびっくりします。』と答えてらっしゃいました。

そりゃそうだよね。いきなりそんな専門的な事きかれたらびっくりするよね。さすが京都!西陣の町の住人ですね。質問をされたお客さんは50代〜60代くらいの方で織物に関わるお仕事をされていたベテランさんだろうなあと思わせる方でした。

八重樫茂子さん

そうなんです。布博の特徴として、お客さんのレベルが高い!なんか雰囲気ある個性的な方がたくさんいます。きっと業界関係者も多いように思われます。そして以外と年齢層が高い。20代の方や、赤ちゃんを抱えた30代くらいの方もいますが、40〜60代と思われる方が一番多いように感じます。

前半にも書いたように私は布博が京都で開催されるようになってから、できるだけ見に行っていて、お気に入りの作家さんはその後SNS等で活動をチェックしています。初めて見た時はまだ柄数も少なく、本当に個人で細々とやっているような印象だった方が、どんどん作品数が増えるにつれ、企業にデザイン提供されたり、多方面で活躍されていて、テキスタイルデザイナーとして成長されている!と感じる事が多いです。例えば↓

YURIHIMURO さん familiar とコラボされています。

nocogou さん パンドラハウスというイオンの手芸屋さんのオリジナル生地のデザイン提供されています。

KAYO AOYAMAさん はnunocoto というベビー・キッズ向けの手芸用生地の販売サイトにデザイン提供されています。

見てるんだろうね。きっと。企業とはいえ担当者は人だからね。素敵なデザインや商品を作ってらっしゃる方を探しにきてる方もいるんだろうな。もはや布博はテキスタイルデザイナー自身を売り込むマーケットでもあるんだろうな。

そして目の肥えたお客さんはデザインだけでなく、布の質感・素材感や手触りや作家の背景も含めて商品と一緒にそのストーリーを持ち帰っているようです。

最終日の夕方に行ったせいもあると思うが、もうすっかりメジャーになってしまった『点と線模様製作所』や、『nani IRO』 や、『tamaki niime』さんのブースはそこまで混んでなかったです。きっともうみんな知ってるし、商品も持ってるし、ネットでも買えるのを知っているんですね。

そいうったメジャーどころより、堂々と『ネット販売していません!』と書いていた『salvia』のブースには常にお客さんがいました。

希少性とかここでしか買えない、体験できない事に価値を見出しているんですね。モノが溢れかえってネットでどこにいてもなんでも買えてしまう時代だからこそ、『体験』とか『ここにしかない』という事の価値が高まってきているんでしょうね。

いやはや布博は出店作家ももちろん注目ですが、来場されるお客さんの動向も要チェックです。みんな何を求めて集まってくるのか、何には興味ないのか、どこにどんな価値を見出してるのか、等々考えさせられるイベントです。今後も要チェックですね。

ベビーモデル撮影会しました

 2月5日にBASE宝塚さんにて撮影会行いました!

撮影会を行うきっかけはベビー用スタイやブルマを作ったはいいが、販売する時に商品だけだと使用イメージがわかない、、、。

というか私が個人的にどうしてもこのブルマを履いている赤ちゃんが見たい!と思っていました。

そんな時、BASE宝塚さんは商品撮影もやってくれることに気づき、SNSでベビーモデルの募集をかけたところ2〜3日のうちに応募いただき、今回撮影を行うことができました。

ありがたやー!!ってかSNSってすごい!まだまだフォロワー数の少ないchoumainのSNSページですが、募集の告知をシェアしていただいたりして、あっという間にモデルさんが決まりました!

ピッチピッチの生後6ヶ月のモデルちゃん2名です。

とはいえ写真撮影は資材の準備も含めて1時間の料金でお願いしたので、赤ちゃんが人見知りしてグスってしまったらどうしよう、、最後までご機嫌でいてくれるかな、、など心配なことばかり。。

ここはスピーディーに進めなければ!と意気込んでおもちゃやら絵本やら赤ちゃんの喜びそうなものを持参していきました。

当日BASE宝塚さんに伺うと、すでに照明機材などがセッテングされており、びっくり。なんて準備万端なんだ!

しかもオーナーの森下さんはニコニコと上手に赤ちゃんをあやしながら手早く撮影を進めていただき、もう感動です!

私、たいしてやることないくらい、、後ろでうろうろしていただけで、あっという間に撮影終了。

後半女の子がお腹空いてちょっと泣いちゃった以外は、本当にスムーズに撮影が進んで拍子抜けするくらいでした。

ありがたやBASE宝塚様!

そうして撮影していただいた写真をご紹介!

女の子 生後6ヶ月 約8kg
男の子 6ヶ月 約6.5kg この表情とポーズ!たまりません! がんばってます!
カメラ目線きまってますね
本当にいい表情してくれてます
ヘアバンドは撮影用に作りました
全身の着用イメージがわかりやすいですね
太ももの肉!!!可愛すぎ!!ブルマならこんなかわいい光景も楽しめます
ハイハイでこのかわいいお尻が動くのが楽しみですね

はー。。赤ちゃん見てるだけで癒されますね。

ご協力いただいたモデルちゃんとご家族様、本当にありがとうございました。

そうそう、この写真は部屋の照明を落として、ストロボをたいて撮影していました。肉眼でみたら、暗いところで一瞬光っただけで、こんなに明るく綺麗に撮影されているんです!もうびっくり!!そんなの私絶対できない。

本当にBASE宝塚さんにお願いしてよかった。いつもお世話になりありがとうございます。

皆様にご協力していただいて、よい宣伝用写真ができたので、もっとたくさん商品を作って販売できるよう、こつこつと進めていきます。

今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

新色つくりました

秋花(アキハナ) イエロー配色作成しました。

今回も某印刷屋さんのワークスペースを借りて作業しました。

2度目だからもうちょっと段取り良くできるだろうと思っていましたが、まだまだです。どうやれば、美しくきれいに段取り良くスピーディーに製版できるのだろうか。まあそもそもハンドスクリーンなので、どうしても手間がかかり仕上がりもカスレや滲みや版ずれが起きてしまう、むしろそこが手刷りの味ですが、やっぱりやるからにはきれいに刷りたい!

なので、刷る手順をここでご紹介します。

まずは生地にアイロンかけてシワをとる。簡単なことですが、大きな生地だとこれも一苦労。(この柄は幅110cm×200cmくらいの大きさで、作業机に広げて少し端が垂れる程度)

次は生地と机を固定します。今回は生地を机の端にマスキングテープで貼りました。

ベタ部分(黄色)から刷っていきますが、その前にインクを混ぜて希望の色を作ります。始めは色の配分を測りながらやっていましたが、微妙な濁りを作りたくてちょっとづつ反対色混ぜたりしているうちに、わからなくなってしまいました。再版することがあれば、間違いなく色ブレしますね。仕方ないです。

端から版をセットして、版の角に印をつけて横リピートの幅(今回は32cm)づつ印をつけていきます。ここ大事!

いよいよ端から刷っていきます。

1リピート分空けながら刷っていきます。

しっかり乾かしてから空いている所に刷っていきます。

一回イエローの版は洗います。

しっかり乾かします。

次に2色目グレーをインクを混ぜてつくります。

始めにつけた印に版を合わして、細かいとこは柄に合わせて微調整しながら位置を決めます。

グレーを刷っていきます。イエローと同じ要領で一つ飛ばしながら刷って乾かして、間に位置合わせてまた刷る。グレーは細かい線画なので、目がつまりやすいです。また位置合わせをする為にも、一度刷ったら版の裏面を拭いて、細かく丁寧にお掃除しながら刷っていきます。これがめっちゃ手間でした。でもおかげで目詰まりすることなく、最後まで製版できました。

やっと一段できました。

ここで一度グレーの版を洗います。

版を長時間放置しているとインクが固まって目詰まりするため、こまめに洗います。

しっかり乾かしてから、机から生地を外して2段目が刷れる位置に調整してまたテープで固定する。

1段目と同じようにイエローから刷っていく。

続いて同様にグレーも刷っていく。

最後まで刷れたらしっかり乾かして、アイロンあてて完成。

この作業だけで2日かかりました。(1日4時間半程度ですが)

なかなか面倒臭い作業ですが、思い通りに仕上がると嬉しくて楽しくて、帰りには次の柄をはやく作りたいと思ってしまう。

最近は高級食材よりも手間ヒマをかけた料理のほうがご馳走だと思うようになってきた。秋はまつたけご飯よりも栗ご飯のほうが栗の皮を剥くのが大変な分、贅沢で美味しく感じる。

刷りの生地をつくるのも手間で面倒な分、つくる時間も含めて贅沢だなと思う。よく見るとズレたりカスレたり滲んだりして、表情豊かなこの生地たちがどうにも愛らしく見える。いつか何かの形になって誰かのお気に入りになったり、大切な人への贈り物の一部になることがあれば、こんなに嬉しい事はない、と思いながらつくっています。

一度にたくさんは作れないけど、いつかそんな素敵なことが起こるまでは、マイペースでこつこつ作っていこうと思っています。

お付き合いいただければ幸いです。

はじめまして

初めまして。

これはオリジナルテキスタイルのサイトです。

このサイトでは

choumain pattern collection(シューマインパターンコレクション)

ー主にインテリア・アパレル・生活雑貨向けの図案コレクションー の紹介と

choumain craft (シューマインクラフト)ー手作りの布と布製品ー の紹介をしています。

どうぞ宜しくお願いいたします。

collection

december

クリスマスやリースをイメージして作成しました。

冬の寒い季節にぽっと色づく赤い実が、ほんのり温かみを与えます。

craft

次回12月7日に宝塚teteマルシェに出店させていただきます!

この写真は11月11日にbase宝塚のフェスに出店させていただいた時のものです。